みなさんこんにちは!
長岡造形大学情報リテラシー論研究部(非公認)の部長です!

今回は第14回「セキュリティとクラウド化」です!
あと2回頑張っていきましょう!


「ホームページを運営している人のドメイン情報やそのドメインがブラックリストに載っているかも調べられる。」

ドメインとは個々のコンピューターを識別する名称の1種だそうです。言わばインターネット上の住所のことですね!
自分で調べることで自衛できるのはいいことですね!


「SNSアカウントのIDとメールアドレスの決め方:
・全てのSNSアカウントのIDとドメイン名を共通で取得する。
・アンダーバー、ハイフン、ピリオドはIDで取得できないサービスがあるので避ける。
・個人向けアカウントと企業向けアカウントを使い分ける。
・メールアドレスはネット非公開にしてメルマガや通販で使わないものをIDで使う。
・メールアドレスの冒頭にサービスの頭文字を入れサービス毎にIDを取得するのが理想的。

アカウントのパスワードの決め方と注意点:
・英数字を混ぜて8文字以上にする。
・生年月日や名前など本人から特定しにくいものにする。
・一つの文章を決めてその1字ずつの頭文字にする
・サービスによってパスワードを変える。
・ブラウザに保存せず、端末にもパスワード設定をする。
・数字だけのパスコードはスキミングされないように注意。
(例:好きなことを文章にする→平仮名にする→ローマ字と数字にする→頭文字にする)」

おおおお!なんてためになる情報を!
さすがよこたんですね〜
みなさんこれは永久保存版ですよ!!
私パスワードよく忘れちゃうんですよね〜
でも例のように好きな事を文章にして作るやり方だったらパスワードも覚えやすそうですよね!
自分に分かりやすく他人に分かりづらい…まさに理想のパスワードです!


「「Lastpass」を使ってパスワードをクラウドで管理する。ランダムにパスワードの生成も可能」

パスワードを管理してくれるなんて!忘れやすい私にはぴったりですね!
でもそのLastpassを開くパスワードも忘れそうですね…


「スパム対策:
・テキストキャプチャ
・音声キャプチャ
・パズル型キャプチャ」

あぁ〜ロボットではないことを証明するために歪んだ文字を読み取ったりするあれですね!
でも最近はロボットが優秀になりすぎて突破されてしまうことがあるそうです…
さらなる対策が必要ですね!


「LINEやTwitterなどのソーシャルメディアを使ったソーシャルログインで会員登録できる。国内ではYahoo!、世界ではFacebookが過半数。」

ここでもやっぱり日本はYahoo!が強いんですね!
ソーシャルログインは手軽で便利ですよね〜
ただしこの場合、匿名コメントをした際の実名Twitterとの連動などに注意が必要ですね!
私もやらかしたことがあります…


「Facebookでログインするゲームやアプリはアクセス項目や代理投稿などに注意して設定をする。」

アクセス項目や権限などは読みとばさずきちんとチェックすることが大切ですね!
思わぬトラブルを防ぐために設定はしっかりしておきましょう!


「スキャンスナップシリーズが進化して書籍を裁断しなくてもスキャンすることが可能に。Googleブックスは著作権が切れた書籍を中心にスキャンして公開している。」

ページをパラパラめくるだけでスキャンできちゃうってことですか!
せっかくの本を裁断しなくていいのは嬉しいですね!
古い本を読んでもらう機会が増えて、きっと本も喜んでますね!


「クラウドサービスを活用してスケジュールやブックマーク、写真、動画が共有できる。今は各SNSがスマホと同期して共有できる。」

同期することで複数の端末から情報にアクセスできるということですね!
仕事でも役に立つ機能ですね!
遠くの人とも繋がることができる今、「共有」はますます重要なキーワードになりそうですね!


というところで今回は以上です!
いよいよ次が最終回ですね!
それではまた!さようなら〜


講師の"よこたん"こと横田秀珠先生のホームページはこちら↓
https://yokotashurin.com/